08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

孫5がドボンと印旛沼へ・蔵王の画像

5月6日 晴れ
昨日午後2時頃から、家内と娘が買い物へ行くと云うので、孫3と5を預りでした。
孫3が、魚捕りへ行きたいと云うので、孫3と5とじいさま3人で印旛沼へ。
着いて10分経った頃でしょうか。ちょっと離れたところに居たのですが、ドボンと落ちる音が。孫3が一緒にいたので、5の名前を叫んでいます。じいさまダッシュ。孫5が胸ぐらいまで浸かって立っていたのはわかっているのですが、泣いていたかどうかも思い出せません。じいいさまは靴のまま、足から飛び込みです。じいさまの腰近くまでの深さだったような。
抱き上げて、まず上げてやって、じいさまも上がろうとしますが、ズボンから靴まで濡れて重くなって、なかなか上がれないものです。近くで子供連れで遊びに来ていた男性が慣れているみたいで「重くて上がれませんから掴まってください」手を差し伸べてくれましたが、泥だらけの手を出すのが悪くて、自分でエイヤで何とか上がることができました。
普段からの、腕立て伏せと腹筋運動が役に立ちました。
車にシートが2枚入っていたのでそれを座席と運転席に敷いて、帰ってシャワーで洗い流して2人で風呂へ。
幼心にも、悪いと思ったのでしょうか。風呂に浸かりながら、自分から「おじいちゃんありがとう」には目頭が・・・・でした。
とりあえず、大事に至らなくて、(靴、服がドロドロになったのと、じいさまの財布がビショビショになって中身を出して拭いて乾燥、財布は捨てることに)このくらいで済んで笑い話で終わったのは幸運でした。
これからは首に縄を付けても、絶対にそばに居なければだめだと、思い知らされました。

掲載の写真は4日に蔵王山頂へ登った写真です。よかったら観てください。
CIMG1029.jpg
ロープウェーで出発。良い天気でした。

CIMG1028.jpg
旭連峰だそうです。

CIMG1030.jpg
途中でロープウェーを乗り換えます。

CIMG1034.jpg
山頂駅へ着きました。正虎夫妻はここでも雪合戦。

CIMG1036.jpg
CIMG1037.jpg
蔵王地蔵尊、スルーしたのですが、この看板を見て、居る間は噴火しないようにと、バックしてお賽銭をあげて拝んできました。

CIMG1040.jpg
こんな這松が何本もありました。

CIMG1041.jpg
CIMG1044.jpg
月山だそうです。

CIMG1043.jpg
雲が下に見えます。

CIMG1047.jpg
海抜1703m 頂上で記念写真。

CIMG1056.jpg
山頂駅に戻って、屋上の展望台から。避雷針が何本もありました。雷も多いのでしょうね。

CIMG1066.jpg
うっすら白いのが、鳥海山だそうです。肉眼ではもうすこしはっきり見えました。

CIMG1058.jpg
これから下界に帰って、遊園地チームと、上山城で合流です。

次回は上山城の写真がすこしありますので、掲載しますので、よかったら見てください。
Secret

プロフィール

ガンコじい

Author:ガンコじい
千葉県佐倉市在住のガンコじいさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR