08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「じいさまのマラソン歴-1」

4月2日 晴後曇
まだ少し足の付け根の筋肉痛は残っていましたが、午後ジョギングへ。
桜も満開に近く、チューリップも咲いてるのが増えて、ふるさと広場の駐車場も昨日から有料になりました。
久しぶりに、時々ジョギングで会って会釈するランナーと、立ち止まって話をしました。
日曜日の佐倉は走らなかったそうですが、今度のサロマ湖100kmマラソンを走るそうです。
じいさまより2歳下ですが超人ですね。今度でサロマ湖は最後にしようかと思っているとも言っていました。
週3で働いていたそうですが、3月一杯で、会社を完全に退職したそうです。ここにもいましたね。

DSCN1414.jpg
近所ですが、コンクリートブロックの空気穴から通りに向けて花が 意識してやったのでしょうか。

DSCN1421.jpg
満開の桜も

DSCN1423.jpg
平日ですがふるさと広場の人出も増えてきました

DSCN1424.jpg
左側の人がサロマ湖の100kmを走るそうです。去年は12時間だったそうで超人ですね。


「じいさまのマラソン歴-1」
2km位走った翌月曜日、師匠に「昨日2km走りましたよ」と言ったら、「そうか」と喜んでくれましたが、後で思ったのですが「なんだ、たった2kmかよ」と思っていたことでしょう。
でもその頃のじいさまにとっては、2km走るのなんてご褒美ものでした。
何しろ運動音痴でなにもやっていなかったのですから大事件でした。
それから走る距離も数kmに伸びて、休みの日に走らないとなんとなく1日が終わった感じがしなくなりました。
その年の暮頃だったでしょうか。「○○ちゃん(じいさま)のも佐倉の10kmを申し込んでおいたからな」でした。お金も払ってくれていました。
そして、競技用のパンツまでプレゼントしてくれたのです。そのパンツはビキニで今でも持っています。
でもその時は「余計な事をしてくれて」の思いが強かったように記憶しています。
そしてレースが近くなって。妻の勧めで一度コースを走ってみたことがありますがどのくらいのタイムで走ったかは覚えていませんが何とか走れました。
そして当日、師匠ともう一人の人も参加したのですが彼らはフルマラソンでレベルが違います。
じいさま一人で10kmに参加しました。8km頃から急にペースが落ちてきつくてやめようかなと思いますが、「バスも通っていないし走るしかない」と思って歩かないで走って56分位のタイムでした。
師匠は1時間位を予想していたみたいで、褒めてくれました。
一度レースに出るとまた出たいものです。参加していると、スポーツマンになったような気がします。8kmからのペースダウンは今でも、ずーっと変わりません。普段その位しか走っていないからでしょう。
それから今まで、最盛期には1年に4回くらいレースに出ていました(師匠は今回のレースが190回目だそうです)。
次回は思い出に残るレースとジョギングをやっていてよかったこと等をを書きますのでよかったら読んでください。
Secret

プロフィール

ガンコじい

Author:ガンコじい
千葉県佐倉市在住のガンコじいさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR