10
2
3
5
6
7
9
11
13
15
16
20
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

春が来ないですねー

天気はいいですが風が冷たく寒いです。それでも昨日よりいいかなと思ってお昼前にジョギングに出発。
昨日の様に手先がかじかむことはなかったのでが、3月に入って一週間も過ぎたのになかなか春が来ないですねー。
今日の走り:8km

DSCN1138.jpg
今日も北風が強くて寒いです


DSCN1140.jpg
野鳥狙いなのですが何を狙っているのでしょう いつもこの辺に必ずいます


DSCN1141.jpg
去年は3月の末に咲き出しました 今年はどうですかね



団塊の世代 13
団塊の中学~高校入学時代(じいさまの場合)
「高校入学」
「団塊の世代」の第一の難関は高校入試であった。当時市内には高校が3校あった。普通高校と水産高校、それに出来たばかりの商業高校だった。
進学率は50%くらい、合格率は50%~70%ほどだったと記憶している。
その頃のじいさまは狭い宮古しか知らなかったからか、特に何かになりたいとかも無かったし漠然と、いずれは東京方面に就職するのだろうなと思っていた程度であった。
金持ちの子供はおさえ止めに、盛岡とか花巻とかの私立高校も二股をかけていたが、金持ちでないじいさまの家庭ではそれは無理である。「落ちたら大工の父親の道具箱を抱えて付いてくるさ」と父親に言われていた。
確実に受かりそうなところは、「普通高校以外だったら」との先生の言葉もあって水産高校の総合水産科を受けて見事?合格した。商業高校はなぜだかいやだった。
めでたく高校に入学したのだが、学年で各科は一クラスずつなのでクラス替えも無く、同じ顔の43人が3年間ずーと一緒に顔を付き合わせてやって行くこととなる。3年間に渡って、いの中の蛙、お山の大将状態である。
またじいさまの出身中学から同じクラスに入学した者が10人もいて、最初の頃は中学の延長みたいなものだった。(出身中学から一人というのも何人かいたが心細かったと思う。はしゃぎ過ぎてすみませんでした。 ゴメンナサイ)
その頃である。義兄(正虎)(以下正虎)との出会いがあったのは。正虎は中学からじいさまの通う中学校に転校して来たが、クラスも一緒になったことも無く話もしたことが無くて高校で初めて口を聞いたと記憶している。
それから半世紀もの長い付き合いになろうとは思ってもいなかった。楽しかった高校生活の、いの中の蛙状態の話は次回です。

宮古水産高校
その頃の宮古水産高校 古い木造校舎で体育館だけが新しかった
Secret

プロフィール

ガンコじい

Author:ガンコじい
千葉県佐倉市在住のガンコじいさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR