03
2
5
7
12
15
16
18
21
23
25
28
   

闘病日記3月31日

3月31日 曇のち雨
3回目の抗がん剤治療を今日終えてきた。
心なしか、夕飯から食欲が落ちたような。これから一週間は、口内炎、便秘、味覚異常、不眠症、頻尿、食欲不振、腹のムカムカ感、ETCを覚悟しなければならない。
今日の採血で、HBA1Cの数値が上がっていた。ステロイドの薬が血糖値を上げるそうで、運動不足もあると思う。糖尿病役を増やしてもらった。今日からおやつ無しでいこうと思っているがどうかな?

今日で3月が終わりますね。明日から新年度で、新入生や新入社員が目立つ季節となります。また桜やチューリップの季節になりますが、明日は冬に逆戻りで寒い予報です。暖かいはーるよ来い。
じいさまは、明日から一週間位は引きこもりになりそうです。

ソメイヨシノの開花を確認

3月30日 晴
昼間は気温も上がってポカポカ陽気でした。
診察と3回目の抗がん剤投与の1日目で、朝から家内に付いてもらって病院へ、午後の2時半までかかりました。
帰る途中に、暖かいので、チューリップ畑に寄ってみました。
チューリップは種類によっては一部咲いているもののまだ先だと思います。今週末から、チューリップフェスタが始まるようですが、来週末が桜と合わせて、見頃と思いますので、近くの方は来週末あたり来られた方が良いと思います。
佐倉のソメイヨシノは、じいさまが今日、開花宣言をしましたので報告します。ところどころに何輪か開花しました。
明日は3回目の2日目の抗がん剤投与です。
今度の副作用は何がきついかな?すこし憂鬱ですが、頑張りましょう。

20170330 (1)
これが高価な抗がん剤で、約30万円だそうですが、保険とか高額医療適用等で一定の金額で済みますが、「30万円が体に入っていくー」です。

20170330 (2)
長野ののんべえ様がお気に入りの「長嶋の背番号3」も春らしくなっていました。

20170330 (3)

20170330 (4)
チューリップはもうすこし先のようです。

20170330 (5)
販売用の3つの畝の種類だけが咲いていました。

20170330 (6)
つぼみをじっくり観て行くと。

20170330 (7)

20170330 (8)
逆光でちょっと見えにくいですが、開花宣言します。

春休みで

3月29日 曇時々晴
孫たちは春休み真っただ中で、今日は午前中から全員集合となりました。
明日からじいさまは3回目の抗がん剤投与で、不調が予想されるために、家内が今日を選んで招集をかけたようです。
病気前のじいさまだったら、ドッジボールに参加したり、小学校のグランドに付いて行ったものですが、今日は見ているだけ。
もっぱら室内で、孫4,5とオセロゲームで、すこし寂しい思いでした。

明日と明後日は3回目の抗がん剤投与です。一週間位は副作用で苦しむことになりそうですが、頑張るしかないですね。

20170329 (4)
孫1~5を家内と嫁さんが連れて行って、小学校のグランドで遊んできたそうです。じいさまは家でゴロゴロでした。

20170329 (1)

20170329 (5)
楽しそうですねー。じいさまも入りたいところですが、治療が終わるまでは控えましょう。

20170329 (6)
孫2が足をひねったようですが、大したことがなさそうで安心しました。

20170329 (2)
3時半頃に、孫1,2,4と嫁さんが帰りました。書道があるそうです。

20170329 (3)
孫3,5も、パパがお休みで迎えに来ました。二人の生活に戻りました。

ミニミニ古希の会

3月27日 雨
印旛栄町に住む高校の同級生A氏が来ました。以前に約束していたものですが、みぞれの中を、奥様とお孫ちゃん二人を連れて来てくれて、ミニミニ古希の会となりました。
先日、正虎氏が送ってくれた宮古の古希の会の写真と冊子を見ながら昔を思い出して盛り上がりました。
A氏とは不思議な縁があります。51年前になりますが、高校から就職したときの会社の寮が田園調布にありました。ときどき近くの銭湯に行っていたのですが、あるときA氏と銭湯でばったり!、彼の会社の寮もすぐ近くでした。彼の会社の寮母さんが優しい人で、遊びに行っても気持ちよく迎えてくれたのを覚えています。
じいさまは事情があってその会社は辞めましたが、独身の頃は、時々は付き合いがあったように覚えています。
不思議な縁を感じたのは、5?歳のときに横浜で同級会があったときに、A氏に誘いの電話連絡をしました。その時に、じいさまの住む「臼井はときどき行くからよく知っているよ」で、聞いてみたら、娘さんが通う高校が、じいさまの息子が通う同じ高校でした。クラスは違うものの、お互いに知っている同級生でした。
田舎の同級生同士の子供が、千葉県のある高校で同級生同士、すごい確率ですよね。不思議な縁を感じたものでした。
今日は春休み中の、その娘さんの二人の子供さんを連れてきました。
彼はまだ働いていて、今年の誕生日で退職するそうです。退職したらときどき遊ぼう、と約束しましたが、懐かしいミニミニ古希の会となりました。

CIMG5286.jpg
お彼岸を終わったのに大粒のゆきです。

CIMG5288-1.jpg

CIMG5289-1.jpg
正虎氏が送ってくれた、宮古での古希の会の写真と冊子を見ながら盛り上がりました。

CIMG5290.jpg
お孫ちゃん1のお姉ちゃんです。

CIMG5291.jpg
お孫ちゃん2はゲームから離れません。サッカーをやっているそうです。



佐倉マラソンの応援でした

3月26日 雨
佐倉マラソンですが、あいにくの雨模様です。
昨日から、長野の飲んべえ様もスタンバっていますが、この雨は気の毒です。
今日のマラソンのじいさま関係者の出場は、3kmに孫1,2,3と、10kmに長野の飲んべえ様、D氏と息子の嫁さんです。
じいさまは病気のために、マラソンの師匠は左足親指の付け根が痛いとで出走断念でした。それでも師匠は、応援と反省会に駆けつけてくれました。
雨の中を全員完走して、良かった良かった。
スタートとゴールをして来る選手の姿を見ると懐かしく思います。病気が治ったらまた走りたいものですが、走れるでしょうか。

20170327 (11)-1
朝、娘一家が寄って、長野の飲んべえ様も笑顔での出発です。(この時は雨は上がっていました)

20170327 (12)
発走前の長野の飲んべえ様とD氏です。

20170327 (14)
佐倉アスリート選手の紹介のセレモニーをやっていました。

20170327 (13)
小出監督。

20170327 (1)
この雨は、選手も応援もこたえます。

20170327 (2)
孫1と3は走る気十分、目標タイムを聞いたら、孫1は15分以内と!期待しましょう。

20170327 (3)
先ずは9時30分にフルマラソンのスタート。頑張ってください。

20170327 (4)
孫1と3は3kmのスタート地点へ向かいます。頑張れよー!

20170327 (5)
3kmのスタートですが、多すぎてどこにいるか分かりません。ゴールを撮りましょう。

20170327 (6)
孫3と1がゴールです。タイムは目標には届かなかったものの、16分台でした。

20170327 (7)
孫2も、友達と仲良く並んで!ゆっくり!ゴール。

20170327 (8)
10kmで、長野の飲んべえ様がゴール。去年より1分以上速いタイムで56分台でした。

20170327 (9)
息子の嫁さんも1時間15分でゴール。途中トイレに寄ったり、アクシデントがあったようで納得。

D氏のゴールを見つけられなくて心配していたのですが、無事に1時間10分でゴールして、関係者一同全員完走でした。

20170327 (10)
反省会会場ですが、今日はにぎわうことでしょう。4人で盛り上がってきました。走った長野の飲んべえ様が「おいしい」と生ビールを飲む笑顔が、良い顔をしていました。

鉄ちゃんの気持ちは?

3月24日 晴
午後2時過ぎに、家内と買い物に行こうと外に出たら、家内が「鉄ちゃん達がいるよ。珍しい電車が来るのかな?」と。
近くにいた鉄ちゃんの一人に聞いてみたら、36?系の電車が試運転でもうすぐに来ますよ。今八千代台ですからあと10分くらいで来ますよ、とのことで、じいさまもカメラを持ち出して、にわか鉄ちゃんになりました。
来ましたよ、と教えてもらってシャッターを切りましたが、何の変哲のない古い型の電車でした。
これが撮る価値のある電車なのかな、と思って、ネットで調べてみました。
この電車は1982年(昭和57年)の製造でそろそろ引退の電車で、今日は点検後の試運転でそれが狙いだそうです。
じいさまには、鉄ちゃんの気持ちはまだまだわかりそうにありませんが、その道を究めれば、わざわざ撮りに来ないですよね。

20170324 (1)
隣の県のナンバープレートでした。

20170324 (2)
鉄ちゃんの一人に、あれですよ、と教えられてじいさまもにわか鉄ちゃんになります。

20170324 (3)

20170324 (4)
「試」のアナログプレートを付けて、古い型の電車だということはわかります。

20170324 (6)
コックピットには3名が乗車しているみたいです。

20170324 (7)
普通に通過して行きました。

20170324 (8)
最後尾の車両は3651、8両編成だったのかな。
以上でにわか鉄ちゃんの撮影終了でした。 何が良かったのかな?解る人には良いのでしょう。


20170324 (9)
昨日、診察の帰りに娘宅へ寄ってみたら、孫5が、4月から入園する幼稚園の制服を試着中だったのでパチリ。

久しぶりにチューリップ畑へ

3月22日 晴
午前中は侍ジャパンと米国の試合をじっくり。残念ながら負けましたが良い試合でした。
午後に、一眼を持ってチューリップ畑へ久しぶりに行ってみました。北風が強かったですが、真冬の風とは違い優しい感じでした。
チューリップは数輪の開花、ソメイヨシノはまだで、早咲きの木、一本のみが開花していました。
シェアガーデンの前で、手提げからロボットを出して、ロボットにガーデンを見せている75才前後の女性がいました。
撮ってもいいですか?と聞いたら、嬉しそうに「撮ってくれるの」と。少しの時間しゃべってきましたが、ロボットは、声をかけると、しゃべるロボットで、女性は、ロボットとしゃべっているときが一番楽しいそうです。じいさまがロボットに「こんにちは」と言ったらロボットが「だれか僕とお話ししませんか」の返事だったような。
女性は、ボケている様子もなくて、こんな楽しみ方もあるんだと、すこし複雑な気持ちでしたが感心してきました。

DSC_2112.jpg
ロボットに「風車がきれいだねえ」とシェアガーデンを見せていました。

DSC_2110.jpg
こんなロボットです。室内では歩かせているのでは。

DSC_2113.jpg
ロボットに見せていたシェアガーデンです。

DSC_2115.jpg
チューリップは26日の佐倉マラソンには間に合わないようです。

DSC_2119.jpg

DSC_2118.jpg
頑張って探してみたら3輪の開花。

DSC_2120.jpg
こちらにも1輪の開花。

DSC_2123-1.jpg
そろそろ釣りも季節を迎えます。

DSC_2127.jpg

DSC_2124.jpg
ソメイヨシノはもうすこし先ですね。

DSC_2126.jpg
一本だけ種類の違う桜の木があります。これが毎年ソメイヨシノより早く咲きますが開花していました。

DSC_2125.jpg
ピンクできれいな花びらですよ。

カメラ女史が庭の花を撮りました

2月20日 晴
暖かな一日でした。気になっていたタナゴとチビガメの水替えをしましたり、午後は家内と買い物に行ったりして、普段の生活に戻りつつあります。
午後に家内がじいさまの一眼を持ち出して、小さな庭に咲く写真を撮りましたので掲載します。よかったら観てください。
最近のブログに写真が少ないので、気を使ったのでしょうか。思いやりに感謝!

20170320 (1)

20170320 (5)

20170320 (6)
マーガレットだそうですが、まだまだ咲きそうです。

20170320 (2)

20170320 (3)
ローズマリーだそうですが、いつも咲いているような気もします。

20170320 (4)
ユニフローラだそうです。 これも大分前から咲いていたような。

20170320 (7)

20170320 (8)
スイセン ですが、後ろの葉っぱにピントが合ってしまったようです。

20170320 (9)

20170320 (10)
クリスマスローズ これも長い間咲いているような。

突然の腹痛で

3月19日 晴
一昨日の夜から夜中にかけて、時々刺すような下腹部の腹痛があって大変でした。
腸捻転とか、腸閉そくか、とも考えたり、治らなければ休日ですが、緊急で病院へ行かなければと、覚悟を決めていました。
そういえば今日は便が出ていないな、と。3日前の夜から便秘薬を止めていたのを思い出して、夜中に慌てて多めに飲みました。
すると、朝5時頃トイレで頑張ったら何とか少し開通しました。それとともに、刺すような痛みは解消でほっとしましたが、便秘恐るべしです。担当医の先生からも「薬で腸の働きが鈍りますからね」と言われたのを思い出して、薬の量を減らしても飲み続けなければ、と痛感しました。
おかげで?昨日は、前の日の寝不足のために、一日中殆ど寝ていました。
便秘の恐ろしさを感じた一日でした。

良い天気で七井戸公園散歩

3月17日 晴
昨日、スマホからブログを更新したつもりが、更新されていませんでした。
じいさまのしたことが、老いの思い込みでしょうか。確認不足です。
先ずは昨日の「闘病日記」です。

3月16日 晴 「闘病日記」
2回目の抗がん剤治療から1週間、やっと一通りの副作用が落ち着いた感じだ。やはり治療後の1週間は副作用と付き合わなければならないようだ。今回は特に口内炎がひどく、喉や舌の周りがチクチク痛かった。
すでに乗ってしまった船なので、」あと4回か6回になるかわからないが頑張って受け入れていこう。

今日は(17日)口内炎も和らいで、やっと今回の直接な副作用から脱出したみたいです。
風はすこし冷たいものの、良い天気でした。どこを散歩しようかと考えた結果、染井野の七井戸公園を散歩してきました。
2.5kmほどの散歩でしたが、気持ちよさと開放感を味わってきました。外はいいですねー。

CIMG5241.jpg
七井戸公園です。池の周りが好きです。

CIMG5237.jpg
カモも気持ちよさそうに日光浴。

CIMG5238.jpg
平和な光景。

CIMG5240.jpg
餌をあげている女性がいました。そこら辺から一斉に集まってきます。

CIMG5242.jpg
結構広いいけで、周りを歩けるようになっています。

CIMG5243.jpg
ライトアップ用のサーチライトですが、考えたものですね。

CIMG5244-1.jpg
天気の良い平日の公園の中はシニアが殆どです。

CIMG5245-1.jpg
旦那さんはスマホ、奥さんは?

CIMG5246.jpg
春はもうすこし先ですね。

CIMG5247.jpg
よく見ると、いろいろな種類のカモがいます。

闘病日記3月14日

3月14日 雨時々曇
 2回目の抗がん剤投与から4日目、初回の経験から、今日あたりが一番副作用がきつい時期だ。
今回は前回のような、吐き気と胃のムカムカ感は無いものの、やはり予定通りの副作用は現れている。。
今回の副作用:1日目、2日目は特に無し。3日目からは口内炎(舌のヒリヒリ)、不眠症(2,3時間で目が覚めて寝付けない)、味覚障害(微妙な美味しさを感じない、甘いかしょっぱいかは解る)、便秘になりそうだったが(今回は下剤の量で調節できた)、脱毛(すだれになったが、抜け毛は落ち着いてきた。先は未定)、食欲不振(前回ほどではないがやはり食欲は落ちる)。こんなところだが、明日は5日目で、これらの症状も緩和されていくものと思う。これからも点滴後の1週間は副作用と付き合っていかなければならなさそうだ。

今日はすこし散歩でも、と思っていたがあいにくの雨模様。午前中に買い物へ行ってすこし気分転換。
午後は本を読みながら2時間も眠ってしまった。これだから夜眠れないかなと思ったが、治療中だから、体調ににまかせることにしよう。

闘病日記3月13日

3月13日
2回目の抗ガン剤治療の副作用の後遺症はどうやら軽く済みそうだ。
昨日がピークだったみたいで、すこし食欲が無かったが、まあ食べられた。今日は朝から、吐き気もなくて、吐き気止めの薬 も中止してみたが大丈夫そうだ。便秘も薬で調整しておさまりそうでまずは良かった。
午前中に、白血球を増やす注射を打ってもらってきて、23日の採血と診断までは予定無し。それにしても今日の病院の混み方は尋常ではなかった。病院の手前で車が進まず、家内に運転を代わってもらって、歩いて受け付けをしたくらいだ。
今日の予約患者数が3,500人だそうで、何時もの2,500人くらいをはるかに超えていて納得、スーパー病院だ。
明日からはせいぜい散歩にでも力を入れよう。

闘病日記3月11日&6年目の3.11

3月11日 晴
闘病日記3月11日
今、午前11時を過ぎたところだが吐き気もムカムカ感も殆どない。すこし便秘気味程度で、朝食も食べられた。このままで経過してくれると嬉しいが、2,3日は静かにしていよう。今週は孫たちの立ち寄りも、家内が断ってくれた。薬のために白血球が少なくなっているので、13日に病院に行って注射だ。

今日は大震災から6年目です。6年も経つと、直接被害を受けた地域以外は、だんだんと風化していきつつあるように思われます。
昨日ネットで見たのですが、去年の福島地震で、東北太平洋沿岸に津波警報が出たときに、震災で大被害を被った石巻の市民でさえ、63%の人が避難しなかったそうです。理由は「来ないだろう」が大半だったそうです。あの警報が、震災直後だったら、100%ちかい人が避難したのではないでしょうか。
あの大震災経験は風化させたくないですね。
あの日は、じいさまの母の49日法要の日で、お昼の会食後に兄妹6人(現在は5人)を含む実家の家族が、実家に集まって、母の引き出しを開けて、写真とか遺品を見ながら思い出話をしていた時の最中で、いきなりの長い長いグラグラグラでした。これは津波が来ると思いました。まさか家が流されようとはその時は思いませんでした。床下浸水くらいの津波は来るだろうから、夕方になって、ほとぼりが冷めたら帰って来ようと、兄妹を車に乗せて、高台に住んでいる正虎氏宅で、お茶でもごちそうになりながら様子を見ようと思い、姉妹5人と義兄を連れて正虎氏宅へ。正虎氏は気持ちよく迎えてくれましたが、カーナビのテレビで、「なあど」に津波が押し寄せている画像を見て、これでは実家はだめだろうと覚悟しました。その晩は動けず、正虎氏に甘えて、6人全員泊めてもらいました。
次の日に早起きして、正虎氏と2人でカメラを抱えて様子を見に行きましたが、変わり果てた生まれ故郷が信じられない光景に変わり果てていました。

1年に1回くらいは、忘れないようにあの惨状を思い出すのも必要かな、と思って、今日はその時の写真を20枚ほどチョイスして掲載しますので、よかったら見て、もう一度思い出してください。

311-1.jpg
震災の次の朝の蛸の浜。防波堤とかテトラポットが流されていましたが、思っていたよりがれきも少なくて、海の色はきれいでした。これが昨日暴れまくった海なのです。

311-2.jpg
蛸の浜の大橋からの鍬ケ崎、ほぼ全滅で信じられない光景した。

311-3.jpg
観光船が町中へ乗り上げていました。家と海が一緒に漂ったのですね。想像すると恐ろしくなります。

311-4.jpg
蛸の浜の日和山に車が乗り上げて、海の近くに停めてあった車が流されて来たのでしょう。ここを超えた津波です。信じられません。

311-5.jpg
蛸の浜の通り、港の方からここまで津波が来たようで、この道はこれ以上進めません。

311-6.jpg
熊野神社側から回ってみようということになって小学校のほうへ、変わり果てた故郷でした。

311-7.jpg
何もかもめちゃくちゃでした。

311-8.jpg
港町交番、ここの巡査が病人を助けようとして、逃げ遅れて何人か殉職したそうです。

311-9.jpg
青いトタン屋根がじいさまの実家です。1階部分は何処へ行ったのか?旅行鞄と喪服も1階に置いたまま避難したので、バックも財布も無くなってしまいました。

311-10.jpg
小さい頃から通っていた 七滝湯 のれんが出ていましたから、その時間は営業中だったでしょう。お客さんはどうしたのですかね。

311-11.jpg
鍬ケ崎の上町方面も全滅でした。

311-12.jpg
昼前に、遠回りをして姉宅に移動しました。午後に宮古の中心部に出てみました。停電で、ローソクだけで営業しているスーパーがありました。冷蔵庫が止まって腐るよりは投げ売りしたほうが店もお客も良かったと思いました。

311-13.jpg
末広町を下って行った先の道路にも船が乗り上げて、津波の大きさに驚くばかりでした。

311-14.jpg
正面が市役所。車の上に車でした。

311-15.jpg
向町方面もここから先は進めません。

311-16.jpg
光岸地の近くですが、自衛隊が45号線を復旧しています。対応が早いのには感謝でした。幹線道路だけは早く通すようです。

翌日13日に一番上の姉が住む田老へ、途中の車が行けるところまで行って、そこから2kmくらい徒歩で行ってみました
311-17.jpg
田老に住む姉は、この光景を見るまでは、家が流されたことを信じていなかったようです。田老には有名な、高さ10mのスーパー堤防がありましたから。

311-18.jpg
10mのスーパー堤防を乗り越えたのですから驚きでした。この田老地区の死者数が多かったと聞いています。堤防があるから安心だと非難しなかった人が多かったのでしょう。姉も49日法要がなかったらこの町でどうなっていたか、亡き母に感謝でした。

311-19.jpg
姉が住んでいた家です。やはり1階部分は無くなっていました。元の土地から20mくらい移動していました。屋根のペンキの色で分かったそうです。

311-20.jpg
スーパー堤防から青砂里方面です。テレビで何回か放映されたホテルが目立つだけで、民家はどこもぺちゃんこでした。海からストレートで高い波が押し寄せたのでしょう。

今日はすこし暗い記事になりましたが、昨今も熊本の地震とか、岩泉の水害とかの災害が全国各地で起きています。
いつ、どこで災害が起こるかわからない列島となっている感があります。
災害の現状を振り返って見れば、いざという時の皆様の気持ちの備えになるかな、と、書きました。

闘病日記 3月10日

3月10日 晴

抗がん剤投与、2回目の最後の点滴を終わって来た。
家内と車で、調子が悪くなったら帰りは運転をしてもらうということだったが、終わっても調子は変わらないので帰りも運転して帰って来た。
夕食も普通に食べられて、今のところは変わりがないが、1回目の経験では、明日から吐き気と胃のムカつきが襲ってくるはずだが、今回はどうだろうか。
1回目と違うのは、流動食でなくて普通にご飯を食べていることと、吐き気止めの薬が変わったことだ。
便秘のほうも、硬さを見て、適度に薬を調整すれば大丈夫のような気がする。眠れない時も消灯は無いし、前回ほどは苦しまないのではないかと期待しているが、果たして明日はどうなることだろう。

今日と明日は「老いるほどにふえていくこと」は休みます。
明日は、調子が悪くなかったら、6年前の大震災のことを書こうと思っていますが、どうなることやら・・です。

闘病日記 3月9日

今日から、2回目の抗ガン剤治療が始まりましたので、また何日間か闘病日記 を書きますので、よかったら見てください。

3月9日
昨日から2回目の抗ガン剤投与だ。
昼過ぎには終わる予定だったのが、夕方までかかってしまった、今日のは直接感じる副作用は無し。夕食も普通に食べれた。
髪の毛は順調に抜けていて、24間帽子着用だ、シャンプー後の抜けた毛の多いこと。
治療が終われば、数ヶ月で伸びてくるというが果たしてどうなるか。髭も抜けているのか生えてこなくなったのか、成長が遅くなった気がする。
明日は、白血球が極端に減っていなければ副作用の強い抗ガン剤の投与だ。今回から、吐き気止めの薬を変えるというからそれに期待、。

気晴らし散歩

3月8日 晴
久しぶりの好天でした。ここ数日は天気が悪くて、用事以外は外出を控えていましたが、今日は好天に誘われて、佐倉城址公園へ散歩です。城址公園の南側下の市営駐車場に車を停めて坂を登っていきますが、運動不足がもろに出て、すこし、ハーハーでした。
公園内を散歩している人は、平日というのもありますが、じいさまも含めて殆どがシニア組です。これからの日本が心配になってきますね。
明日と明後日は2回目の抗がん剤治療です。今回から通院治療ですが、副作用がどのくらいでるのか、まあなるようにしかならないので、頑張っていきましょう。

特集「ふえていくもの忘れ」
*次にやることを忘れる。何かをしながら、次はこれをやろうと決めていたはずが、あれ!何をやるんだったっけ。となってしまう。
*判読ミス、忘れ。電話番号とかアドレスを書き写すときに、間違いや、たった今覚えたのに忘れた。が多くて自分でイライラする。

DSC_2084.jpg
種類は分かりませんが、早咲きの桜でした。

DSC_2083.jpg
青空に映えてきれいでした。

DSC_2088.jpg
姥が池のアカミミガメは冬眠からは覚めたようです。皆、同じ方向を向いていましたがすこし不気味。

DSC_2094.jpg
こちらは梅ですが盛りを過ぎた感じ。

DSC_2092.jpg
アップで。

DSC_2096.jpg
カンヒザクラだそうです。こちらはもうすこし先か。

DSC_2098.jpg
散歩しているのはシニア組が殆どです。
3.8kmのカメラ散歩でしたが、アップダウンが多かったので、運動にはなりました。

髪の毛が抜け始めました

3月6日 曇
一昨日に風呂で洗髪したら、抜け毛がたくさん。ついに来たか、副作用の予定表通りです。
昨日は早速帽子を買いに行ってきました。これからは家の中でも、髪の毛が散らないように常に帽子着用です。
昨日は、姉妹と姪夫婦がお見舞いに来てくれて歓談しました。
6年前の震災時を思い出しました。3.11が母の49日で、姉妹全員とじいさまが足止めされて、数日間、宮古の姉宅で合宿生活したのを思い出しました。子供の頃に還ったようだった、懐かしい思い出となってしまいました。

今日の「ふえていく物忘れ」
*危ないガスの付け忘れ。ガスを点けながら別の事をやろうとすると、多い確率でガスを点けていることを忘れてしまう。ガス台の近くから離れないようにしている。
*せっかく準備したのにそれを忘れる。ジョギングのときに、今日は寒いからと手袋をわざわざ玄関先に出しておいて、それを忘れてしまって、出発してから気が付くことが一度や二度ではない。

早速、長野ののんべえ様が体験談をくれました。(原文のまま)
JR主催の旅行で。ホテルに着き、お風呂入る前に部屋で軽く飲み、お風呂に行ったのだが自分の入れたかご(下着)の場所がわからず困ったことが有った。宴会が18時からなので20分前に風呂から出たのだが他のかごを探すわけにもいかず、番頭さんに訳を話し、浴衣を持ってきてもらい、パンツをはかず、浴衣だけで宴会に出ました。JR旅行何回と行っているがこんなこと、はじめてでした。

老いるほどにふえていくこと

3月4日 晴

昨日、散髪屋での待ち時間を、置いてあった雑誌をなんとなく見ていたら、「老いるとこんなことをやる」ようなことを書いた記事がありました。
黒井千次という、初めて聞く作家の特集でしたが、その名前を読んだときに、「千秋」と読んでしまっていました。
見直したら「千次」、じいさま的には「千」の次に来るのは「秋」だと、思い込みと早とちりです。その場で自分も老いの進行を実感じました。すぐに散髪順番が回ってきたので、詳しくは読めませんでしたが、自分の老いたと感じることを羅列したらおもしろいかな、と思いました。
老いるに従って、いろいろな症状が出てきます。
もの忘れを筆頭に、思い込み、不眠、不安、足腰の衰え、夜中のトイレ、腰痛、膝痛、顔のシミ、その他いろいろいろとありますが、これからしばらくの間は、「自分が感じている老い」を中心にすこしづつゆっくり形式にとらわれず書いていこうと思っています。
同年代の皆様には思い当たるふしがあって参考になるかも知れません。

まず最初は「もの忘れ」に関するテーマを何回か続けたいと思います。
「ふえていく物忘れ」
*入院前に、文庫本を何冊か買って、読む前に1冊を家内に貸したが、貸したのを全然覚えていない。昨日、面白かったよと返してもらったが、貸したことをすぐには思い出せなかった。返してもらわなかったら永遠に貸したのを忘れていただろう。
*駐車場で何処に停めたか忘れる。これはよくあることで、車を離れるときに意識していないとだめ。スーパーの駐車場では、停めた階数すら思い出せなくて難儀した。

こんなふうに、思い出すままに書いていこうと思っています。皆様もコメント欄に、こんなこともあるよ、とかを書いてください。まとめれば面白いかもしれませんね。

午後に息子一家が、顔を見せに来ました。
孫2と4はサッカーで、見る度に逞しくなっています。孫4と蹴りっこをしましたが、ボールを扱う格好も様になってきたような気がします。

CIMG5232.jpg

CIMG5233.jpg
孫4はサイドキックとか、キック方法をじいさまに教えてくれました。

CIMG5234.jpg
孫2も逞しくなりました。孫1はヒョロヒョロと背が伸びています。

普段の生活に戻りつつ

3月3日
朝から晴天で気持ちいいです。
今日は動けるだろうと張り切っていました。
副作用の予定表では、そろそろ髪の毛が抜ける頃なので、先ずは散髪して毛を揃えて来ました。
午後には、入院する前以来の初散歩を試みました。昨日くらいからまた、便秘気味なのですこし運動したほうがいいのかな、とも思って、ふるさと広場まで、往復4kmの散歩でしたが、普通に歩けました。まあ良かった良かった。
印旛郡栄町に住んでいる、高校の同級生A氏とやっと連絡がとれました。彼は、じいさまのブログで、T大病院に入院したことを知って、佐倉市のT大病院と思い込み、面会に行ってくれたそうですが、そんな人は入院していません。だったそうです。
じいさまが入院したのは千葉市のT病院でした。(T違いでした)
1月の携帯電話水没で、電話帳が消えてしまった影響がもろに出た一件でした。それにしても心配してもらえてうれしかったです。
今度ゆっくり飲もうよと、電話を切りましたが、古希の会を二人でじっくりやりたいものです。

CIMG5227.jpg
3月26日の佐倉マラソンの看板が立ちました。じいさまもエントリーしていますが、今年は長野ののんべえ様ほか、関係者の応援と写真撮影と反省会に参加します。

CIMG5228.jpg

CIMG5229.jpg
2週間以上見ていなかったので、チューリップの芽がもうすこし大きくなっていると思ったら、今年は遅いような気がします。

CIMG5230.jpg
孫1達が植えた所は、芽すら出ていません。遅い時期に植えたからか、遅い時期に咲く種類なのでしょうか。

静かに過ごしています

3月1日 晴
昨夜は寝れました。10時過ぎに寝て、3時半まで一度も目が覚めませんでした。病院では考えられなかったことです。
相変わらず気温は低めで殆ど室内での生活でしが、お昼頃に、最近リニューアルしたホームセンターへ出かけて来ましたが、開店記念の福袋をゲット。
18000円相当の品がなんと税込2000円。必要無いものもありましたが、そこは福袋の常で、ちょうど、電気カミソリがそろそろ寿命かなと思っていたので買って来ました。
明日は雨で、家内は仕事です。髪の毛が抜け出さないうちに、散髪に行って来ようかと考えています。

今日から「闘病日記」は一時休止して、次回の投与(3月9,10)日から再開したいと思っています。

CIMG5226.jpg
電気カミソリが2種類も入っていたり、要らないものもありますが2000円は安いです。火災報知器も使えそうです。



プロフィール

ガンコじい

Author:ガンコじい
千葉県佐倉市在住のガンコじいさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR