02
1
3
4
18
27
   

気温が上がって

2月28日 晴
今日は暖かで気温17°Cくらいまで上がったのではないでしょうか。
一週間前から花粉症がひどいです。特に数日前からは夜中でも鼻がムズムズ鼻水で目が覚めます。
それと目の痒さ、朝起きたときの目の痒さでその日の花粉の量がわかります。
今日は午後ジョギングへ、短パンと半袖でも汗をうっすらかくぐらいでちょうどよかったです。(8km)
道端を注意して見ると、確実に春が近づいています。今まで褐色一色だった草むらが緑が混じっていたりでいい季節になっていきます。


DSCN1120.jpg
道端の草も緑が混じってきました


DSCN1118.jpg
西洋タンポポですか


DSCN1117.jpg
チューリップの芽は昨日の雨と今日の暖かさで元気よく顔を出しました


DSCN1113.jpg
岩手~茨城で小さな地震が続いていますが、あやしい雲も


DSCN1114.jpg
動かないから飛行機雲ではないようです



団塊の世代 Ⅶ
団塊の少年(後半)時代(じいさまの場合)
「カメラ」
小学5、6年頃だと思うが、カメラに興味を覚えた。
最初は日光写真、時々少年雑誌の付録に付いてきていたもので、漫画のヒーロー等の白黒フイルムの下に印画紙を載せて、日光に当てて感光するものでうっすらとではあったが映像が浮かび上がった。ただ少し時間が経つと全部感光してオール真っ黒。
日光写真は団塊時代の人には懐かしいのではないだろうか。
家にはカメラは無かった。父親は若い頃やっていたらしく、三脚だけが革ケースの中に残っていた。
その頃、町のカメラ屋さんでおもちゃカメラ(下記参照)を500円で売っていた。今の5,000円以上か。
どうやってお金を工面したかは覚えていないが(悪いことをした覚えはないが)それを購入、そこからしばらく写真の世界にのめり込んでいった。
そこから、現像、焼き付けまで自分でやるようになったが次回に回します。

このカメラをネットでやっと見つけました。懐かしいです。
「おもちゃカメラ-nifty」より掲載
おもちゃカメラと言えば、まずこのスタート35から語らなければならない。
昭和20年代後半ライカで家が建つと言われた時代、紅梅キャラメルの巨人軍カードで水原監督が出ると景品で貰えたというカメラ。
ボルタ判という35ミリ幅のフィルムを使用する。固定シャッターとバルブ、絞りも2段階あり、三脚穴もついている。
幅は8cmと、おもちゃカメラとしては大きいが、カメラとしては極小で可愛い。


toycame02[1]
やっと見つけました。固定シャッター速度は多分1/50秒くらい。ボルタ判ってたしか12枚撮りだったような。でもよく写りましたよ。

PM2.5か花粉か

2月26日 晴
昨日のブログで春霞と書きましたが、どうもそうではなくてPM2.5の影響のような気がします。
3時頃ジョギングへ出かけたら、昨日より霞んでいます。
ここのところ、花粉症で目が痒くて鼻水がたらたら出てティッシュが欠かせません。
PM2.5と花粉が混じっている空でしょうか。明日もPM2.5の濃度は普段より濃いようですよ。


DSCN1101.jpg
昨日より霞んでいます


DSCN1102.jpg
遠くはぼんやりです


DSCN1103.jpg
空全体が透き通っていません


DSCN1104.jpg
こちらも




団塊の世代 Ⅵ
団塊の少年(後半)時代(じいさまの場合)
小学の高学年から中学生になると、個人個人の趣味とか特技が押し出されてくる。
ある者はスポーツに、ある者は絵が上手だったり、戦艦が好きで太平洋戦争で活躍?した戦艦をほとんど知っている者もいた。
ここからは、じいさま以外の人の考え方や気持ちは想像でしか解らないので、じいさま中心でその頃を忘れていない範囲で書いて行こうと思う。
そうしないと、「団塊の世代」の話はすぐに終わりそうです。
タイトルから、すこしかけ離れるかも知れないが、じいさまがその頃、趣味でやったこととか、それが特技になったこととか、苦手だったこととかを。
自伝的になるかも知れないが、そこから、団塊世代が少年時代から青春時代の頃に、やっていたことや考えていた事が少しでも見えればいいかなと、次回から書こうと思います。

孫3が4.4km走りました

2月25日 晴
朝からいい天気で暖かいです。午前中は久しぶりの洗車を。大分汚れていました。
午後になって孫3を預かりー。孫3が走るというので、じいさまと孫3がランニングで、おばあちゃんが後ろからウォーキングでふるさと広場まで。孫3は片道2.2km、休憩して帰りも休まないで走りきりました(拍手)。今日は孫2とかの競争相手がいなかったので、最初から飛ばさなかったので楽に走れたのでしょう。
また走ると言っているので、今度はまた、孫1、2も交えて走りたいものですがどうでしょう?


DSCN1092.jpg
孫3は今度小学生、来るなり勉強を始めました


DSCN1093.jpg
往復4.4kmのジョギング出発


DSCN1094.jpg
じいさまと腹筋運動


DSCN1096.jpg
腕立ても


DSCN1097.jpg
霞がかかって春でした


DSCN1099.jpg
帰りの2.2kmも休まないで走りきりました



団塊の世代 Ⅴ
団塊の少年時代(じいさまの場合)
小学3、4年生になってくると、町内の子供達全員での遊びは無くなっていたと思う。
リーダー(ガキ大将)が中学とか、高校、社会に出たりと、団塊の世代以降の子供の数も少なくなった。
またその頃から、各家庭も生活に余裕がでて、じゃがいも煮ツアーなどしなくても、美味しいおやつを食べられるようになったので、自然消滅したのかも知れない。
それとも団塊の世代には、リーダー(ガキ大将)になる資質が無かったのかも知れない。
同学年、特に同クラスの気の合った者同士で遊ぶことが多くなった。
その頃、忘れられない出来事がある。仲間何人かと浄土ヶ浜へ遊びに行ったときのこと。一人の観光客がベンチに座ってトランジスタラジオを聞いていた。
当時、各家庭での娯楽はラジオだった。真空管式のラジオでスピーカーも音が悪くて、ピーピーガーガーの音を、父親がニュースとか浪花節を聞いていたものだ。
「線が無いのにラジオが鳴る」びっくりであった。しばらく聞かせてもらっていたような気がする。じいさま個人的にだが、その頃からラジオとか写真に興味を持つようになった。

じいさまのシクラメンほぼ満開

2月24日 曇
風は弱いですが、曇で寒いです。外の気温は8°C止まりです。
じいさまが唯一育てているシクラメンがほぼ満開です。去年は数輪小さな花が咲いてすぐ散ったのに、植え替えの成果ですね。今年は早めに植え替えして、年内に咲かせたいものです。
午後ジョギングへ。先週の木曜日以来なので、体と足が重かったです。何とか7km走ってきました。

DSCN1087.jpg
ほぼ満開 まだ花芽が残っていますが、大きな花には育たないと思います


DSCN1089.jpg
満足です 今年も植え替えをして立派な花を咲かせたいものです


DSCN1090.jpg
釣り場もさびしいです カワセミも見かけませんでした



団塊の世代 Ⅳ
団塊の幼少年時代2(じいさまの場合)
育った所が今は有名な浄土ヶ浜の近くて、歩いて15分か20分くらいで行けた。
今みたいに観光客もほとんどいなくて、夏場はガキ大将以下で毎日のように海水浴へ行った。
泳げない子への特訓の仕方が大変で、背が立たないところでボートから放り投げられる。その位置が微妙で、ちょっとバタバタすると背が立つ附近。
この付近だったら泳げなくても背が立つところまで行けると、ガキ大将は経験から知っていたのだろう。
お昼は、大きな鉄鍋とじゃがいもを持参で、薪は現地の山で枯れ枝を調達して、潮水で煮て分けあって食べた。塩がきいて美味しかったのが忘れられない。
波打ち際で全員が、爪でじゃがいもをきれいに洗って海の水で、拾った薪で煮て食べる。食べ物の少なかった時代で美味しかった。
じゃがいもはどうやって調達したかは覚えていないが、お昼ごはんだと言って、皆で家庭から少しづつねだって持ち寄ったような気もする。
団塊の世代は、食べ物が少なかった幼少年期を、自然の恵みを利用して、知恵と行動力のある先輩(ガキ大将)の背中を見ながら生きてきたような気がします。
ものが溢れかえった今の時代、それが現代の社会に役立っているのかと言われればノーですが、その頃を懐かしく感じます。

名称未設定 1
小学校の2年生頃でしょうか。ボロい木造校舎で「少年ブック」を得意そうに持っている子も。何人かは故人となっています。ご冥福を祈ります。

団塊の世代・・(じいさまの場合)連載

2月23日 晴
今日も寒かったです。家で怠けていました。明日からは少し動きます。
昼前に、孫3、5と娘がやってきました。気温が低いので家の中に閉じこもりでした。
夕方近くになって、志津の図書館へ皆で本を借りに、志津の図書館は蔵書数も多くて重宝しています。

DSCN1086.jpg
志津図書館の子供の読書室 孫3が5に紙芝居を読んでやって・・・孫3は面倒見がいいです。



本日からの団塊の世代シリーズは、じいさま個人の心に残った思い出とか出来事を、それが社会に出てからどんな影響があったか、年代順に何回かに分けて書いていきますのでよかったら読んでください。

団塊の世代 Ⅲ
団塊の幼少年時代(じいさまの場合)
じいさまは、1947年4月に岩手県宮古市で四男二女兄弟の下から二番目に生まれた団塊世代の足かけである。
近所のほとんどの家庭もそうだったが、とにかく子供と一家族単位の数がが多かった。
おじいさんおばあさんと同居家族が多く、今みたいな二世帯住宅に玄関台所が別、というのは皆無に近く「あそこの家ではどうやって寝てんだろう」とか、いらぬ心配をしたりとか、多くの家が広くない家に大家族で住んでいた。
食物も家族が多いと大変で、特にお菓子があったときなんかは分け前が少なくて、小家族の家が羨ましかった。
幼少年時代の遊びは、町内毎にまとまってグループが出来て、必ず上級生のリーダー(ガキ大将)がいて、各学年が一緒に屋外で遊んだ。
ガキ大将以下、指揮命令系統がよく出来ていて、うまく統率されていた。今みたいに子供の遊びに親が付いていくことは全くなかった。それでも大きな事故があったのは覚えていない。
いじめ的なのはあるにはあったが、カラッとしたいじめとでも言うのか陰湿ではなかったような気がする。
例えばかくれんぼ、町内何処でも有りのかくれんぼ。その頃は長屋も多く、隠れる路地とか物陰は豊富だった。鬼になると見つけるのはごく稀であった。日没とともに自然終了で、次の日もその続きで鬼も同じ子、鬼が泣き出すとガキ大将がジャンケンで鬼を替えてくれるといった子供達だけのいい?世界だった。
そんな環境で幼少の頃から育ってきたからか、社会に出てからも団塊の世代は年功序列のしきたりに、何も疑問を持たず要領よく立ち振舞ってきたのかなとも思う。

孫1、2、4と一日一緒でした

2月22日 晴
昼前から、孫1、2、4とママが遊びに。お昼はじいさまのラーメンを作って、皆が美味しいと言ってくれたのでじいさまはいい気分、特に孫4には好評でした。外で遊びたいのですが、寒すぎます。夕方になってやっと全員で、買い物がてらの散歩で少し体を動かして、孫達の希望を集約して焼き鳥定食を食べた後に、孫2、4と風呂に入って今日の行事は終了で先ほど解散しました。
3人姉弟ですが、それぞれ性格も動作も違います。それぞれの長所を伸ばして、伸び伸び育って欲しいものです。


団塊の世代 Ⅱ
団塊の世代の評価(ニコニコ大百科から引用)
日本の経済成長を根本から支えてきた一方で「学生運動をやりたい放題やったくせに年功序列や終身雇用の恩恵を思う存分受けた挙句に日本の社会保障費を肥大化させ現世代の資産を食いつぶしている」と批判されることも多い。
小売業界では、退職金や老後の貯蓄をたっぷり蓄えた団塊世代をターゲットにした商品展開を初めている。(団塊の世代もいろいろで、じいさまみたいな貧乏人も数多くいますけどね)
団塊世代が進学する時期の大学進学率は20%に満たず(岩手の田舎で高校進学率が50%
でした。高校は水産高校でしたので大学進学率はわかりません)大半の学生は※ノンポリであった。
(学生運動が盛んだった年代は団塊の世代の数歳上がだったような気がします)
※ノンポリ:政治運動に興味がないこと


DSCN1061.jpg
孫4はお寿司セットのおもちゃを持参で来ました(ままごとの好きな男の子ですが意外と頑固)


DSCN1063.jpg
外は寒いのでUNOで遊びー 仲良くやっているようですが小さな小競り合いも・・・


DSCN1066.jpg
おばあちゃんがコメを研ぐのを手伝う孫4


DSCN1067.jpg
孫1はおやつのホットケーキ造り


DSCN1070.jpg
孫1が造ったホットケーキは美味しかったです


DSCN1073.jpg
夕方になって全員で買い物散歩、遠回りをして2.5kmくらい歩いたでしょうか


DSCN1075.jpg
散歩途中の老梅 逆光ですが・・・


DSCN1081.jpg
スーパーマーケットにあったアンパンマンキャスト 孫1が「バタコさんが帽子をかぶっていない」子供の観察力はすごい


DSCN1082.jpg
全員で焼き鳥の串挿し


DSCN1084.jpg
串挿し完了 後はじいさまが焼き方で写真を撮る暇がありませんでした。

ゴミが多いのに驚きました

2月21日 快晴
雲が全然ありません。しかし北西の季節風が強くて寒いです。
今週は3連チャンでジョギングをしたので、今日は休みと決めました。家に篭っていようかと思いましたが何か物足りないような。寒かったですが夕方カメラ散歩へ出発。歩きなので印旛沼の土手を歩いてみました。
普段、サイクリング道路を走っているときには気になりませんでしたが、土手から見るとすごいゴミです。
このゴミを回収するのは大変です。ボランティアだけでは間に合わないでしょう。お金もかかると思いますが、何とかしなければならない問題です。景色を見物に来た人が、このゴミを見たら不愉快になりかねません。


連載
団塊の世代 
団塊の世代の概要(ニコニコ大百科から引用)
戦争で動員されていた兵士が復員し、食べられるようになると、出生数が急速に上がった。
一組の夫婦が1947年~1949年に4人の子供を生んだ。(とありますが本当でしょうか)
人口ピラミッドの構成にも大きな影響を残すようになった。
戦後教育や1960年代の学生運動の中で成長し、左傾化して団体運動に参加した人々もいる。
その一方で当時の企業から、「金の卵」ともてはやされて、中学を出て集団就職をして「高度
経済成長」を担ってきた一面も持っている。
現在ではほとんどの団塊世代が定年退職して、それに伴う社会保障費が問題になっている。
(じいさまの出身中学からも、数人くらいだったと思いますが、愛知県の紡績工場へ集団就職しました。卒業生名簿を見ると何人かは愛知県の住所になっています。定住したいる人もいるようです)


DSC_5633.jpg
沼だけを見るといい景色ですが・・・


DSC_5634.jpg
カメラを引くとゴミの山 沼の時化で打ち上げられたのでしょうか


DSC_5638.jpg
こちらは明らかにポイ捨てです


DSC_5639.jpg
この辺で時々車を止めて食事をしている人がいますが、ポイ捨ては困りますね


DSC_5640.jpg
雑誌を読んだ後のポイ捨て(周りが汚いとどんどん増えていくのですよね)


DSC_5641.jpg
これは粗大ゴミ 犯罪です


「団塊の世代」についてを連載

2月20日 曇

団塊の世代
いつ頃からだろうか、じいさまの年代(1947年~1949年生まれ)を団塊の世代と言う。今までは、何も考えず受け流して聞いていたが、リタイヤした今、時間も有り余っているので、「団塊」の言葉の意味と語源は何だろうと、調べてみた。
先ず「団塊」の意味(1947年から1949年の第一次ベビーブームで生まれた世代で、作家の堺屋太一が1976年に発表した小説『団塊の世代』で、鉱物学で一塊の単位で採られる鉱物の呼び名ノジュールの訳語を世代をあらわす言葉として用いたことにより登場した言葉である)
まるでチンプンカンプンだが1976年に生まれたことと「団塊」の漢字の意味はなんとなく解るような気もする。

次回からは、すこし掘り下げて何回かに分けて、団塊の世代のこれからの問題点とか団塊の世代として生きてきた幼少の頃からの心に残っている出来事とかをゆっくり書いていこうと思いますのでよかったら読んでください。

コピー (2) ~ 000001
じいさまの手元にある一番古い写真 その頃の貧しさもうかがえます 3歳頃でしょうか 一番上の姉はきれいだったんですね(恥ずかしいために縮小写真にしました)



写真日記
今日も寒いです。ただ、風が弱い分だけ体感温度はそれほどでもないような気がします。
昼過ぎに、いつものコースへジョギング。今日はあやしい雲無しの平和な静かな印旛沼の光景でした。
この静けさと平和が続いてくれるといいですね。

DSCN1052.jpg
あやしい雲は無し


DSCN1053.jpg
平和な光景です


DSCN1055.jpg
チューリップ畑はうねを盛ったらしく、チューリップの芽は土の中にモグったみたいです


DSCN1056.jpg
近くの釣り場にはいつもの釣り人が完全防備で頑張っています

カモが魚を捕食

2月19日 晴
天気はいいです気温が上がりません。
午後にカメラを持って釣り場へ。もしかしたらカワセミを撮れるかと思って行ったのですが、カワセミは一度飛び去ったのを見るだけでした。その代わりというわけじゃないのですが、カモがヘラブナを捕食するところを撮れました。
カモは水草や藻を食べると思っていたので、魚を食べているカモにはびっくりです。

今日もあやしい雲が出ていました。北東から南西に何本もの雲の帯が走っていました。今借りている本によると雲が向いている方向が震源地になるそうですが、じいさまにはどちらが始点か終点かが見分けがつきません。夕日に向いているような気もするのですが・・・わかりません。あやしい雲には間違いないように思います。
今日の走りは6km 昨日は8kmでした。


DSC_5603.jpg
これコサギ 痩せた爺さんみたいです


DSC_5608-1.jpg
カモがヘラブナを捕らえました


DSC_5609.jpg
足場のいいところへ運んで腹を食べ始めました


DSC_5615.jpg
熊も鮭を食べるときは腹から食べるのをテレビで見たことがありますが、美味しいのでしょう


DSC_5616.jpg
魚をくわえたまま飛び立ちました


DSC_5617.jpg
平らな草の上に持ってきて、腹を食べ終わったらそのまま残して水に入ってスイスイ泳いで行きました


DSC_5608.jpg
あやしい雲が 14:48分


DSC_5625.jpg
一時間たっても雲が動きません(地震雲は動かないそうです)


DSCN1047.jpg
北東から南西に走っています


DSCN1048.jpg
夕日の方向に集まっているようにも見えます


DSCN1049.jpg
数日間は気をつけましょう(借りた本では20日先の地震雲も・・とありましたが、それではちょっと長すぎます)


DSC_5626.jpg
南西に伸びているように見えます 異様ですね


地震雲

2月17日 晴
ブログのタイトルにもありますが、じいさまがあやしい雲に興味を持ったのは、大震災以降になります。
大震災以降は、外に出る時や歩いている時は、自然に空を見上げる癖がつきました。
あやしい雲を見かけると、結構な確率で、数日中に地震が起きるような気がします。特に福島、茨城方面の地震前はあやしい雲を目撃するようです。
地震雲については、関係ないという意見や著書もありますが、じいさまは信じて空を見続けています。
昨日、図書館で「巨大地震と地震雲」という本を借りてきました。この種の本は大震災以後はいろいろ出てきていますが、借りたこの本は2005年の出版なので興味をそそられて借りてきました。まだ、さわりしか読んでいませんが読んでみます。(地震雲博士になったりして・・・)

今日の午後にジョギングへ出かけたら、久しぶりにあやしい雲が出ていたので報告しておきます。(8kmの走り)


DSCN1025.jpg
こんな雲も


DSCN1028.jpg

DSCN1030.jpg
あやしいですよ

DSCN1033.jpg
DSCN1036.jpg
空全体がすこし?変です


DSCN1039.jpg
雪をかぶっていたチューリップの芽は元気そうです


DSCN1041.jpg
塗装でもするのでしょうか 足場を組んでいました


DSCN1042.jpg
DSCN1043.jpg
借りてきた本です 地震雲博士を目指しますか


孫2の幼稚園で発表会でした

2月16日 晴
何日ぶりで朝からカラッと晴れたでしょうか。風は冷たく強かったですが、カラッとしたお日様を拝めるのはいいですね。
今日は孫2の幼稚園で発表会でした。11日の予定だったのですが、大雪のために今日になりました。たくさんの父兄やら、おじいちゃん、おばあちゃんで満席です。一度では観客を収容できないので、何回かに分けて入れ替えしてやっていました。
じいさまも、いつものようにカメラを担いで、2階の席から撮影してきました。2階からの撮影は真上から撮るようになるので、表情がなかなか撮れません。それでも、二時間近く立ちっぱなしでシャッターを押してきました。
孫2は頑張っていました。特に、悲しんだり泣いたりする演技が良かったです。(泣きなれているのかな?)


DSC_5529.jpg
開始20分くらい前ですが、早く行っていないといい席を取れません


DSC_5542.jpg
孫2のクラスの演技が始まりました 「アンネの日記」だそうです むずかしそうです じいさまは本も読んだことがありません


DSC_5550.jpg
新聞も何語でしょうかね 凝っていますね 解って読んでいるような顔をしているし・・・


DSC_5553.jpg
孫2の迫真の演技 娘に付き添って悲しんでいるところだとか


DSC_5559.jpg
次の場面では警察官になっていました


DSC_5560.jpg
これも迫真の演技でムチを振り回していました


DSC_5566.jpg
日記を見て泣いているようです いい演技をしているでしょう じいさまも感心!


DSC_5579.jpg
最後は制服姿で合唱


DSC_5585.jpg
終わって観客席に 礼 です。演出もうまいですねー


DSC_5589.jpg
父兄のほうが ウルウル です


DSC_5591.jpg
孫4は劇の間、ずーと眠っていたそうで、起こされて不機嫌 パパに抱っこでした

雪降り後の土曜日で

2月15日 曇
夜中から雨に変わって、ここ佐倉は今回は助かりましたが、同じ関東でも山沿いはひどいようです。お察しいたします。
今日は、孫1の授業参観で、家族が帰りに寄って、娘と孫3、5も来ていつもの土曜日となりました。
昨日までと比べて気温も上がって、すこし外に出ることもできました。
孫2、3と積み上げてあった雪を道路に撒いて溶かしたりして、孫2、3はいい発散となったよです。



DSCN1009.jpg
孫1、2、4のママ 娘から誕生日プレゼントの着ぐるみをプレゼントされて、じいさまのリクエストに答えて着てくれました


DSCN1010.jpg
しっぽも付いていて・・・子供は無視です(大人だけが盛り上がっていました)


DSCN1014.jpg
お昼はじいさまのカレー 皆が残さないで食べてくれました


DSCN1018.jpg
昼から、じいさまと、孫2と3で雪溶かし 生き生きした顔で楽しそうにやっていました


DSCN1019.jpg
戦力になります じいさまは見ているだけ


DSCN1020.jpg
その後は4人でビデオ鑑賞 孫1は3時まで授業だそうです


DSCN1021.jpg
孫3が「おじいちゃん、白目出せる?」じいさまはできませんでした


DSCN1023.jpg
今度は寄り目 器用ですね じいさまはこれもできません(宮古の正虎氏だったら出来ると思います)


windows8に従来のスタートメニューを

2月14日 雪
朝から小雪が降ったり止んだりです。今、少し強くなってきましたが、まだ大したことはありません。今回の雪は都内でも、練馬とか山沿いのほうが積もっているみたいです。
今朝は久しぶりで、一昨年の暮れに購入したWindows 8搭載のノートパソコンを動かしてみました。更新とかが溜まっているので、たまには立ち上げたほうがいいですね。どうしても、じいさまにはWindows 8のタイル式のスタートメニューが馴染めません。Windows 7までのスタートボタンが欲しいです。
何かないかなーと探していたら、ありました。無料の「スタートメニュー8」が。早速インストールしてみました。例によって要らないソフトも2個程くっついて来ましたが、それは削除してスタートボタンが出来ました。コントロールパネルも表示されて、Windows 7と同じように使えそうです。これからは宝の持ち腐れにならないように使い込みましょう。


DSCN1007-1.jpg
Windows 8のタイル式のスタートメニューが好きになれません


DSCN1008.jpg
電源を切るにも、チャームボタンの「設定」からです


DSCN1001.jpg
探したら無料の「スタートメニュー8」がありました これはよさそう


DSCN1002.jpg
インストールして 丸いスタートボタンが出現


DSCN1004.jpg
押したら従来の画面が これがいいです


DSCN1006.jpg
コントロールパネルも今まで通り これからは使いましょう

ジョギングですっきり

2月13日 曇
大雪以来、スッキリと晴れません。太平洋側の冬の天気じゃないです。気温も6°C止まりで寒いです。
明日の昼から雪予報がでているので、憂鬱になります。
ジョギングも先週の木曜日に走ったきり走っていません。寒くて出ていくのが億劫なのです。今日は午後2時過ぎに思い切ってジョギングへ出発。いつものコースに行ってみました。サイクリングロードは雪が残っていて思うようには走れませんでしたが、それでも7km走って来ました。家に閉じ込もっていると、どうしてもモヤモヤ感が鬱積してきますが解消されてスッキリです。
寒いと、どうしても雪が残っているからとか、風が冷たいからとか、自分で楽な方に理由をつけて納得してしまいますが、思い切って走って来るとスッキリします。(わかってはいるんですけどねー)


DSCN0991.jpg
サイクリング道路までは、車の通った跡を走ってまあまあ走れます


DSCN0992.jpg
サイクリング道路の手前


DSCN0994.jpg
土手の上は大丈夫です


DSCN0995.jpg
じいさまのストレッチ運動のベンチは濡れていません 腕立てと腹筋運動


DSCN0996.jpg
大雪前より印旛沼の水位が上がっています


DSCN0998.jpg
7.15km地点 ここから先は進めません 道路のいいところを往復したりして7kmの走り


DSCN0997.jpg
釣り場にはさすがに誰もいません カモが我が物顔で悠々と泳いでいました


DSCN0999.jpg
先週、チューリップの芽が出てきたのに雪の中、「試練だよ」


長靴が何処の店も売り切れ

2月12日 曇
やっと車を出せて買い物へ。先ずガソリンスタンドへ灯油を買いに。やっぱり何人か並んでいました。
灯油を自宅の物置に下ろしてから買い物へ。先週の雪かきは、たまたま娘の車のトランクにポリスコップを積んでいて、それを拝借してスムーズに作業が出来ました。それと長靴が破れそうなので新しのを買おうかと。
今週末金曜日から、また雪予報です。ホームセンターの雪かきスコップは飛ぶように売れていました。
3軒のホームセンターを回りましたが、男子物の長靴は全て売り切れです。雪かき用のポリスコップとノーマル型のスコップは買うことができました。


DSCN0987.jpg
雪かきスコップが次から次へと売れていきます


DSCN0988.jpg
こっちのホームセンターでも


DSCN0990.jpg
スーパーマーケットの屋上駐車場はまだ閉鎖


DSCN0989.jpg
一階の駐車場は満杯で、空きを探す車で一杯。じいさまは何度か回った挙句にとなりの電気店の駐車場へ停めて買い物をしました。大雪の後遺症はいたるところであります

今日も雪でした

2月11日 雪後曇
朝目が覚めて外を見たら雪が降っていて、新しい雪が5cmくらい積もっています。
天気予報でも特に放送していなかったのにびっくりです。千葉県と神奈川件の海沿いだけみたいです。
一体どうしたのでしょうね、この天気は。土曜日の雪ほどではなかったのですがびっくりです。
昼過ぎまで時々降っていました。夕方近くになって、妻とちょっと散歩して来ましたが、足元が悪いのと風が冷たのとで、2km弱くらいの散歩でした。
先ほどの天気予報で、週末はまた荒れた天気になるとか。助けてくれーです。


DSCN0978.jpg
朝起きたらまた積雪 5cm新しい雪が


DSCN0981.jpg
千葉県は雪国です


DSCN0982.jpg
夕方散歩へ 道路がこのとおりで、車が通ると避けるのが大変


DSCN0983.jpg
田んぼはこのとおり


DSCN0984.jpg
印旛沼に通じる道路は、途中から雪が深そうで止めました


DSCN0985.jpg
孫2と4が通う幼稚園もこの雪 明日は自由登園だそうです


DSCN0986.jpg
孫1の小学校のグランドも真っ白

大雪始末記 Ⅱ

2月10日 曇時々晴
大雪の後の月曜日です。雪が残っていて、通勤、通学の人は大変です。
朝、図書館へ返さなければならない本があって、駅の方まで歩きました。
先ず気になったのが、除雪を全然していない月極駐車場。大掛かりな除雪をしなければ今日は車を出せないんじゃないかなー。みなさん今朝は出勤してきて先ずやることは、会社や店の駐車場の除雪作業のようです。
じいさまも、昨日に引き続き除雪に昼過ぎまで汗を流しました。(走れない分、いい運動かな)
それにしてもこんな大雪はもうたくさんです。雪国の人たちのご苦労を察します。


DSCN0969.jpg
朝はまだ氷っているので、通勤や通学の足も大変です


DSCN0970.jpg
こんな可愛い雪だるまがありましたよ


DSCN0971.jpg
出勤して先ずやることは、駐車場の雪かきのようです


DSCN0972.jpg
これでは車を出すことはできません


DSCN0973.jpg
こちらはかまくら 入れたのかな?


DSCN0974.jpg
この駐車場からは大掛かりな除雪をしないと出れません


DSCN0975.jpg
この車はスリップして動けないでいました


DSCN0977.jpg
駅前のバス乗り場、こんなに並んでいるのは初めて見ました。


SH3K0002.jpg
じいさまの家の横は屋根から落ちてきた雪でこのとおり 物置までの通路を確保しないと、石油缶も置いています


SH3K0003.jpg
昼過ぎまでかかって何とか物置まで通れるようになりました

大雪始末記

2月9日 曇後晴
大雪でした。昨夜の降り方で、予想はしていましたが、朝起きたら別世界でした。
雪は降った後が大変ですね。朝食前と、午後から夕方にかけて雪かきとやらをやりました。やはり腰にきます。
でも今は平気なので、明日には残らない気がしますがどうでしょう。
娘と孫3、5は先ほど帰りました。無事着いたと連絡があったので一安心。妻とマッタりしています。
明日はまだ雪かき仕事が残っています。まあゆっくりやりましょう。


DSCN0941.jpg
朝、この雪 別世界


DSCN0942.jpg
きれいですが、近所では雪かきが始まって


DSCN0945.jpg
30cm近いです


DSCN0948.jpg
雪かき開始 孫3も戦力に


DSCN0950.jpg
何とか人が通れるようになりました


DSCN0952.jpg
娘の車を停めてある駐車場 この時点で娘は「今夜も泊まり」を覚悟


DSCN0953.jpg
夕方です じいさまが雪かきした雪捨て場です 年寄りの?がんばりましたねー


DSCN0957.jpg
孫1、2、4とママも来て 孫2と3は雪合戦


DSCN0958.jpg
孫1、2、4とママはお帰り


DSCN0962.jpg
娘達も帰れそうだということで、チェーン装着するためにパパ待ちです


DSCN0961.jpg
娘の車のボンネット 夕日が雪に反射してきれいでした


DSCN0965.jpg
いざ出発 「気をつけて帰れよ」


DSCN0964.jpg
自宅の東側、屋根から落ちてきた雪も加わって50cmくらいの深さ 明日はこの雪に挑戦です

大雪です

2月8日 雪
朝から雪でした。昼過ぎまではそれほどでもなかったのですが、2時頃から激しい降り方になって現在も続いています。
現在20センチ以上は積もっています。
娘と孫3、5はこの大雪で帰れなくて今夜も泊まりのハメになりました。今、孫5が寝付いたところです。パパはチェーンを付けてたった今自宅に帰ったそうで安心しました。
それにしても、20年ぶりの大雪だそうです。最近の気候は極端過ぎて心配になります。今夜中には上がるみたいですが、明日の朝はどうなっているのでしょう。


DSCN0921.jpg
昼過ぎ1時頃 「大したことはないね」と言っていたのですが


DSCN0922.jpg
この程度で止みそうな感じだったのですが


DSCN0925.jpg
3時過ぎはこんなに


DSCN0930.jpg
10cm位積もっているでしょうか


DSCN0931.jpg
これでは娘たちは帰れません


DSCN0932.jpg
孫3と5は雪合戦を始めました


DSCN0933.jpg
ママも混じって 若い人は元気ですねー


DSCN0936.jpg
孫5も頑張って雪玉を作って


DSCN0938.jpg
孫3は、5とじいさまの攻撃に逃げ回って(それにしてもじいさまは手がかじかんで終了)


DSCN0939.jpg
今夜の8時半 まだ降っていますよ 25cm以上は積もっていそうです


大雪予想前

2月7日 晴後曇
未明から雪の予報です。20年に一度の大雪とか、いやですね。
明日は走れないと思って、昼過ぎにジョギングへ。気温は低いですが風が弱く、まあまあのコンディション。
7km走って来ました。
夜に、娘と孫3,5が泊まりに来ました。パパが、明日雪になると出勤できないから職場へ泊まりだそうです。
今、夕食を終わって、孫3と5はおばあちゃんとお風呂に入っています。
本当に降るのですかね。明日の朝が楽しみのような心配のような複雑な気持ちです。


DSCN0902.jpg
釣り場は釣り人の代わりにカワセミ撮りの人が3人もいました 時々来るみたいです


DSCN0905.jpg
模型飛行機場は、飛ばし終わって片付けているところでした


DSCN0906.jpg
農作業している人も・・・春を感じます


DSCN0911.jpg
この青空で・・・今夜から本当に雪が降るのですかね


DSCN0912.jpg
夕方の空 曇ってきました 明朝はどうなっているのでしょう


DSCN0913.jpg
食事を終えて、はめ絵に夢中の孫5


DSCN0915.jpg
親子3人でゲーム


DSCN0917.jpg
今夜の孫3と5はおばあちゃんとお風呂

一週間ぶりのジョギング

2月6日 晴後雲
今日も寒いです。佐倉市の気温が3度です。昨日はもっと寒くて外に出ませんでした。
今日は思い切って昼過ぎにジョギングへ出発。気温が低いために、走っていても手足の先が冷たかったです。一週間も怠けていたために、体は重くて、やっと7km走って来ました。明日からはできる限り走ります。
じいさまが育てているシクラメンが咲きそろってきました。まだ花芽があるので、まだまだ咲きそろいそうです。
ふるさと広場のチューリップは、芽を出しているのもありました。確実に季節は進んでいます。

今日はこの前の麻雀旅行の写真もアップします。


旅行写真です
DSC_5508.jpg
宮古から花巻温泉へ向かう途中、正虎氏が赤浜に寄ってくれました ドンガバチョがいるひょっこりひょうたん島のモデルとか


DSC_5511.jpg
ここも震災では大きな被害をうけました


DSCN0878.jpg
着きました 今夜の麻雀のお宿です


DSCN0882.jpg
温泉に浸かったあと、夕食までの間に試合開始です


DSCN0883.jpg
先ずは乾杯 部屋食で若いお姉さんもいていいですねー


DSCN0885.jpg
これが有名になったマメブ汁 味は?甘くてちょっと・・・


DSCN0890.jpg
花巻のヨーカ堂で買ってきた大トロを元漁師がさばいています


DSC_5514.jpg
こちらもヨーカ堂で買ってきた牛肉、固形燃料も入れ替えて鍋に足します 部屋食を選んだのはこんなことが出来るからだそうです


DSC_5516.jpg
こちらは夜中用のおにぎり 海苔とごま塩は正虎氏持参で、じいさまが握りました


SH3K0008.jpg
盛岡で新幹線の発車時間まで時間があったので散歩、岩手公園の櫻山神社 公園内を散策したかったのですが時間が足りなくて引き返しました


SH3K0010.jpg
南部の殿様を神として祭っているのですね


SH3K0012.jpg
夕方、上野に着いたら大粒の雪でした



今日の写真
DSC_5517.jpg
シクラメンがこんなに咲きそろいました


DSCN0896.jpg
寒いのか、ヘラブナがいなくなったのか、釣り人もいません マブなの群れも何処へ行ったか見当たりません


DSCN0900.jpg
ふるさと広場のチューリップが芽を出しました





昨晩宮古から帰りました

昨晩、4泊5日の旅から佐倉へ帰って来ました。
昨日は、麻雀旅行の帰りに、花巻温泉から盛岡駅まで車で送ってもらったのですが、雪は降ってなくて暖かでしたが、仙台を通過した辺りから雪で、大宮でも積もっていてびっくりしました。寒さも宮古と変わらないくらい寒いです。
今日は、2月2日に宮古滞在で姉宅へお世話になったことと、2月3日の朝に浄土ヶ浜の朝日を撮ってきた写真をアップします。
姉宅でもご馳走でした。義兄(姉の夫)は84歳になりますが、週2回卓球で汗を流しているそうで、元気で毎日焼酎の晩酌を欠かせません。宮古へ帰った折には義兄と飲むのが楽しみの一つです。いつまでも元気で、宮古へ行った時は一緒に飲みたいもです。
麻雀旅行の様子は明日書きます。


DSCN0869.jpg
姉宅でもご馳走でした 茹でたムール貝も美味でした 義兄と昔話で飲みました


DSCN0871.jpg
姉宅の金魚ですが、一匹は頭が重いのか大抵ひっくり返っています。右側の金魚は片目です(背びれが無い種類は珍しいそうです)


DSC_5483.jpg
浄土ヶ浜 朝日が昇る直前


DSC_5484.jpg
上の写真の左側、岩の松 枯れそうで心配です


DSC_5500.jpg
日の出の瞬間


DSC_5501.jpg
蛸の浜の津波で壊れた橋と遊歩道はそのままです


DSC_5502.jpg
流された防波堤の一部もそのまま 昔は右奥の防波堤で釣りをしました


DSC_5504.jpg
魚市場に回ったら、船は一隻も無く寂しい風景でした

宮古3日目です

2月2日 曇時々雨
宮古3日目です一昨日、昨日は義兄(正虎)宅にお世話になりました。
昨夜は、正虎氏の娘さん夫婦とお孫ちゃんも泊まりに来て大盛り上がりでした。ありがとうございました。
今夜は姉宅でお世話になります。
今日は法事のあとに、墓参りをしたのですが、震災の日がよみがえることがありました。
お供え物を狙ったカラスの群れが、至近距離まで寄って来て不気味でした。震災の日も同じように法事だったのですが、そのときも今日と同じで、「今日のカラスは不気味だったよな」と、姉と話したものです。
なにも無いことを祈ります。
明日は同級生4人で、正虎氏の車で1泊のマージャン旅行へ行ってきます。楽しい旅行になるでしょう。今から楽しみです。

DSCN0838.jpg
昨晩、正虎氏の孫ちゃんが「おじちゃんの前で宿題をやるんだ」と待ってくれていました


DSCN0842.jpg
今日の日記出来上がりです(小学1年生でこれだけ書けるのですね)


DSCN0843.jpg
今晩も宴会 娘さん夫婦も入って盛り上がりました


DSCN0844.jpg
おやすみなさい の孫ちゃん パジャマを見せたかったそうです


DSCN0854.jpg
至近距離までカラスが


DSCN0856.jpg
これだけ集まってきて 震災の日を思い出しました



DSCN0860.jpg
宮古湾 好きな場所ですが天気が悪くて


DSCN0863.jpg
お昼の会食は超豪華でした


DSCN0864.jpg
寿司も美味で

プロフィール

ガンコじい

Author:ガンコじい
千葉県佐倉市在住のガンコじいさん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR